医療福祉で高まる女性の需要

医療の現場や病院などの職場において、女性 求人はどんどん増えている。女性スタッフは看護師などが多いものだが、医師であったり、レントゲン技師などの職種においても女性の活用が望まれている。その最大の理由としては患者のプライバシーや性的なメンタルの問題がある。

女性は男性よりも羞恥心を抱きやすく、異性に裸などを見られるのを敬遠する傾向にある。例えば乳がんの検診が男性医師しかおらずに、男性に見られたくないからと検診をせずに放置していたら、乳がんになってしまったという例もあるぐらいである。女性医師で内科を見られる人間はまだまだ少なく、そういった医師の需要は大変異増えているのである。更に男性にいろいろ症状を効かれている中で、セクハラに感じられるような質問があったり、デリカシーに欠ける医療従事者もいるのである。女性の患者が同性同士だからと安心して診療を受けられる環境づくりが、今後色々な場所で必要となっているのだ。そのためにも、各地の病院で女性の医療従事者の需要が高く、女性も安心して積極的に診療を受けられるような環境づくりが望まれているのだ。

更に、介護の現場でも女性スタッフによる入浴の介助を望む人間も多い。ただ介助となると力のある男性が望ましいという背景もあり、難しいケースもあるようだ。こうした人々の要望に応えるために、様々な施設が積極的に女性を採用している。女性側は厳しい医療現場を敬遠する傾向があるため、女性たちが働きやすい職場への改革も必要だといえるだろう。

Leave a Reply