女性に人気の医療事務

とりわけ女性からの人気が高い医療事務。そのため、求人の倍率は常に高く、採用されるハードルも高いと言える。病院やクリニックにおける事務関係の処理をしていくことになるが、その仕事内容は単純なものから専門的なものまで多岐にわたっている。

具体的には、受付や会計などといった接客サービスから、データ入力などの雑務やカルテの仕分け、さらにはレセプトを作成したりなどの専門的な内容まで幅広い。ただ、必ずしも資格や免許が必要ではないという点で、女性からの高い人気を集めていると言える。しかし、前述の通り求人倍率が高いことから、採用されるためには何らかの特別な能力を持っていることが不可欠だ。

能力とまでは言えないものの、医療に関する知識や資格、免許など専門スキルを証明するものを取得していれば、採用の際に有利に働くだろう。代表的な資格として「診療報酬請求事務能力認定試験」の資格や、「メディカルクラーク」の免許などがある。「診療報酬請求事務能力認定試験」はとりわけ難易度の高い試験として知られており、取得するのは難しいものの、持っておけば採用においてかなり有利になるかもしれない。もちろん、資格がなくてもアピール次第で就業できるチャンスは残されている。信用性が求められる業務であるため、仕事を任せたいと思うような対応を心がけるといいだろう。

医療事務の採用において最も重視されるのは、こうした資格よりも実務経験になってくる。保険制度などは日々変わっていくものであり、いかに資格を持っていたとしても、そうした変化には対応していかなければならない。就くまでは大変かもしれないが、その後も医療事務業界で活躍したいのなら、経験を積むことがなによりも大事になってくるだろう。

Leave a Reply